情報は管理しにくいものです

情報を管理して売上向上に役立てるとはいっても、どんな情報を使えば良いのか混乱して分からないことがあります。まず業種を理解して、どこにコストがかかっているのか知りましょう。そのためにはposシステムが便利です。

飲食店経営者が感じたposの機能

会計・経理機能がついている

レジ締め作業は大変な労力です。スタッフの負担を少しでも減らし、お店の衛生状態やメニュー作りに効率よくコストをかけるためには、オーダーシステムと連動させたレジ締めの作業が自動で行なわれる機能があると便利です。

レジを空けていても安心のセキュリティ機能

ホールスタッフが忙しく、レジを空けているときのセキュリティや、スタッフによる操作を履歴に残すことができるセキュリティ機能がついていると安心です。タブレットだと持ち運びしやすいのでこうした機能がついていた方が良いです。

リピーターを増やすための売上管理

飲食店においてはリピーターの存在はとても重要です。レジをposと連動させることで、どの時間に利用客が多かったのか、売れたメニューは何かをチェックし自身のお店を効率よく動かしていくことができて便利なのです。

複数店舗管理に便利な一元管理機能

複数店舗を経営している飲食店はとても多いです。そうなると目が行き届かない部分も増えますので、一つのposシステムで同時に複数のお店を管理できると便利です。売上を上げるための努力を、月末の結果を待たずに行なえます。

スタッフのミスを防げる金額設定機能

手作業が多いとスタッフが間違った値段でオーダーを計算してしまうこともあります。割引クーポンなどの設定も複雑で分かりにくいですが、誤入力をしたらお知らせしてくれる機能やメニューの事前登録機能もついているので安心です。

飲食店特有の事情に合う

タブレット

増え続ける需要

以前はレジといえば金銭登録機ともいわれていて、単にレジに入れておくお金を登録して管理しやすくしていただけでした。
それが今ではタブレット型の最新posシステムと連動したposレジも登場しており、小さなお店でもよく利用されているのです。タブレット型になったことで個人経営の小さな飲食店でも場所を取らなくなり、需要が増え続けています。

飲食店でのシフトも管理

導入するposシステムによって変わってきますが、シフトを記入することができるものもあります。
飲食店ではアルバイトや従業員が入れ替わり立ち替わり働きますので、シフトが管理しにくいという問題がありました。
シフトだけを別のシステムで管理すると煩雑になってしまいますが、posでシフトを登録できるならシステムを一元化して管理しやすくなり、経営のスリム化を図ることもできるでしょう。

サービスの質向上にも繋がる

こういった便利なposシステムを飲食店で導入することは、サービスの向上にもつながります。
飲食に関わる仕事では利用客とのトラブルも起きやすかったのですが、煩雑化をなくすことでスタッフも負担なく働くことができるのです。

posレジを導入する前に見る情報

タブレット

飲食店特有の事情に合う

もし飲食店を経営しているなら、posレジ導入のメリットを考えましょう。タブレット導入にするのか、レジを導入するならあった方が良い機能とはなんなのか、調べてからシステムを検討した方が良いです。

READ MORE

新着情報

広告募集中